鉄骨監理の業務内容と費用

■基本的な業務フロー

  1. 施主様とご契約
  2. 工務店・加工工場と監理の内容について打ち合わせ
  3. 図面のチェック
  4. 材料検査(正規の材料が入荷しているかの検査)
  5. 一次加工検査(切断・穴明け・開先の検査)
  6. 仮付け検査
  7. 製品検査(建て方前の工場最終検査)
  8. 建て方開始検査
  9. 建て方終了検査(最終検査)
  • 施主様とのご契約内容により検査の内容と流れは異なります。

■KABUTOが取得している検査資格

ISO 溶接技術者

社団法人日本溶接協会認定

溶接作業前に、様々な条件を考慮して(材料・作業条件・気温等)欠陥溶接が発生しないように計画し、作業員に指導する資格。

鉄骨製作管理技術者

社団法人鉄骨建設業協会認定

工場内の工程管理や品質管理・安全衛生等についての指導を行う資格。

建築鉄骨製品検査技術者

社団法人日本鋼構造協会建築鉄骨品質管理機構認定

出来上がった製品が正しい寸法であるかどうか計測するための資格。

非破壊検査技術者(超音波検査)

社団法人日本非破壊検査協会認定

溶接箇所に超音波を当てて中に欠陥がないかどうかを調べるための資格。(非破壊検査には様々な種類がありますが、鉄骨には超音波検査を実施します)

建築高力ボルト接合管理技術者

社団法人日本鋼構造協会建築鉄骨品質管理機構認定

ボルトの管理や工法について指導管理する資格。

■コース別費用

1.鉄骨診断チャート 3万円

契約内容、図面内容、建設会社の監理体制、加工工場の設備、資格者、検査体制等の調査を実際に加工工場に行って診断いたします。

2.エコノミープラン 10万円

1の診断チャートに加え製品の検査報告書、施工状況報告書等の書類内容をチェックします。

3.標準プラン 30万円

2のエコノミープランに加え工場での材料検査、製品検査、建て方時検査を行います。

4.安心プラン 50万円

3の標準プランに加え溶接部の作業立ち会い、超音波検査、高力ボルトの軸力検査を行います。

  • 別途消費税を申し受けます。
  • 延べ床100平方メートル程度の住宅の場合です。
  • お支払いは契約時50%、工場検査終了時25%、最終検査終了時25%になります。
  • 建物の規模、監理内容、検査の場所等によって変わりますので一度ご相談ください。

ホームへ